未分類

初回の施術でも効果を得やすい人とは?自分にあった施術で小顔エステの効果を高めよう

投稿日:2017年4月11日 更新日:

筋肉が固くなっている・緩んでいる人

顔の筋肉が硬くなってしまっているタイプの方は、小顔エステの筋肉を揉み解す施術によって初回でも効果を実感しやすくなります。顔の筋肉がゆるんでしまっている、たるみ肌の方にも小顔エステの施術は初回でも効果を得られやすいです。刺激を使われていない状態だった表情筋に与えることによって、たるみの症状が大きく改善されることが期待できます。

効果抜群!名古屋で人気の高い小顔エステ一覧

頭蓋骨にゆがみがある人

頭蓋骨にゆがみがある方は、正常な位置に頭蓋骨を矯正することによってゆがみが解消され、リンパ液の老廃物を排出する流れが改善されることによって顔が引き締まって小さくなる効果を得ることが期待できます。

背骨や、腰、骨盤などに歪みがあって姿勢が良くない方は、全身に生じている歪みを矯正することによって顔が引き締まり小さくなることがあります。

原因を理解することが効果を得るポイント

まず始めに自分が、どのような原因で顔が大きく見えているのかを理解して、カウンセリングのときに気になっていたり、不安に感じていることを相談してみるのが良い方法になります。近頃はブライダルエステの施術の中にも小顔エステの施術が取り入れられるようになってきています。

結婚式は一生に一度だけの晴れ舞台ですので、引き締まっている小さい顔に仕上がれば、ウェディングドレスも一層映えることになります。

背中や、肩が大胆に開いているウェディングドレスを綺麗に着こなす目的でデコルテのパーツにエステの施術を施してもらう方は少なくありませんが、お肌の質を高めるだけでなくデコルテのパーツを引き締めることによって、さらに美しい装いにすることができます。

フェイシャルエステでは美肌や小顔だけではなくむくみの解消にも効果抜群

顔というものは、少しの変化でも大きく印象を変えてしまいます。このためむくみが現れると体重は増えていないにも関わらず太ったかのような印象を与えることになります。

反対にいえばむくみがなく小顔の場合には痩せている印象を与えることができるため、見た目を気にする場合には小顔にすることが必要大切です。

顔がむくむ原因について

小顔にする方法として手っ取り早いのがフェイシャルエステです。フェイシャルエステはフェイス、つまり顔を重点的にエステするものです。小顔エステとも呼ばれるもので顔を引き締めることで小顔にしてくれます。

そもそもむくみで大きくなる原因としては塩分の取りすぎや血液やリンパの流れが悪くなる、また筋肉を使わないといった場合に発生します。

放っておくとむくみは加齢により慢性的な状態に

多くのむくみは時間が経てばもとに戻りますが、加齢により新陳代謝が落ちることで慢性的な状態になってしまいます。こうなると内側からの自浄作用では改善することが困難です。

このため顔をマッサージしたり筋肉を刺激するといったことを行うことになりますが、自身で毎日行うのには限界があります。このため解消するのであればフェイシャルエステを利用して行うのがもっとも手っ取り早い方法ですし、またリラクゼーションにもなります。

顔に負荷はないの?埋没を受けている人が小顔エステを受ける場合

顔のたるみやむくみが気になったり、パンパンな状態をすぐに解消したいとき、自分でマッサージをして対処することがあります。小顔にするための情報は、雑誌やテレビさらにはネット上にもあふれていて、自分で手軽にできることが紹介されています。

脂肪の蓄積や老廃物がたまっていることで顔がたるんだりむくんでいるとき、かなり力を入れてマッサージを行わないと十分に効果が得られない場合が多く、リンパの流れにそって指の関節でグリグリと押し流すやり方が一般的です。

自分で施術するときに注意しなければならないのは、二重まぶたを埋没法で形成している人です。目の周りのコリをほぐすためにグリグリと力強くマッサージしてしまうと、糸で止められている部分に負荷がかかって痛い思いをすることになりかねません。

エステサロンではまぶたに負担がかからないように施術が可能

埋没させている糸が出てきてしまうことは稀ですが、自分で対応すると失敗する可能性があるため、小顔エステを行っているプロのエステティシャンにお任せしたほうが安心です。力の下限を熟知していて、まぶたに不要な負荷をかけないように対応してもらうことができます。

小顔エステを使えば、顔面の脂肪や老廃物がたまりやすい場所を熟知し、流してやるべき方向などにも詳しいためうまくリンパの流れや血流を改善して効率的に顔をたるみやむくみを取り除くことが可能です。

-未分類

Copyright© 名古屋で人気の小顔エステランキング , 2018 AllRights Reserved.